VOICEお客様の声

今が一番青春しているかもしれませんね -笠井 謙和-

GROWTH9監修医師である笠井様にインタビューをさせていただきました。

笠井 謙和様(GROWTH9監修医師)

ボディメイクを行なったことで変わったことは何ですか?
体が変わり、患者さんに若く見られることが多くなりました。
筋肉がつき体がしまってくると自然と心もしまり、人からの見られ方も変化しましたね。

もともと新しいことへは積極的ではなっかった性格でしたが、トレーニングをしてからはライフスタイルが変わり、着る服、聞く音楽、趣味、いろんなことがかわりました。
今が一番青春してるんじゃないかな。

仕事での変化はどうですか?
仕事では、若い層の患者さんが増えました。
それとスポーツをしている子達も。

やっぱり、スポーツやトレーニングをしている患者さんからの信頼は以前より得られるようになりましたね。

スクワットや、ベンチプレスを教えたりもすることもあります。
これは、間違いなく今まではなかったことですね。
病院にいってスクワットを教われるって新しいですね!
そうですね。この間は、トレーニングをしている患者さんからショルダープレスの時に肩が痛いっていう相談があったんだけど、フォームを確認してアドバイスをしたら痛みなくできるようになって「本当はこうやってやるんだ!」って驚かれましたよ。

運動時の障害や、痛みは私自身が経験しないとわかりませんからね。
週に5〜6日トレーニングを含め運動をしていると思うんですが、どこにそのモチベーションがありますか?
それは、体脂肪率へのこだわりやテニス、ゴルフのパフォーマンスにあります。
正直、忙しく時間がないことがほとんど。でもやりたい。
奥さんや家族、友人からもかっこいいと思われる存在でありたいですね。

常に"昨日の俺にかっこいいと言われたい"と思って行動しています。
これが一番のモチベーションになってるかな。

生活の優先順位も変わりました。
今では家でお酒は飲まなくなったし、トレーニングを楽しむ気持ちがだんだんと大きくなりました。
GROWTH9でのトレーニング、またトレーナーはどうですか?
今が一番楽しいですね。

テニス、ゴルフでの調子や感覚も相談しながらトレーニングできるのがすごく良いです。
施術をしてもらってからトレーニングを行うと、動きの違いがすぐに感じられます。

中村トレーナー自身がバスケットをしているので、パフォーマンスに対してのトレーニングもすごく充実しています。
以前の会社のときは会社のメソッドを通してのサービスのみだったが、今はより本質的なオーダーメイドのセッションを受けられています。

トレーナーが、もっとやりたいと思っているのは感じていましたよ。

初めは、ダイエットのみでトレーニングには興味がなかったのでなかなか結果がでない時期には正直辞めようと思ったこともありました。
でも、それ以上に信頼関係がありましたね。

仕事でもそうですが、まず関係性をつくることを大切にしています。
その上で患者さんと一緒に解決していく。
そうすると自然と患者さんから感謝されるようになるし、患者さんから力をもらうこともある。
そういった人間関係を大切にしていきたいですね。

だから、中村トレーナーじゃなかったらここまで続いてなかったんじゃないかな。
大手と、個人のプライベートジムの違いは何だと思いますか?
大手は、広告にお金を使えることかな。
個人では、口コミが必要になってくる。これは病院でもそうだけれど、口コミをしてくれる人を絶対に裏切らないこと。
そういった姿勢をもっていれば、必ず他との差が出てくる。

サービスの内容でいえば、個人のプライベートジムの方が完全オーダーメイドが可能ですよね。
以前のトレーニングよりも充実していて、満足しています。
最後に、ジムに行こうか迷いながらこのインタビューを読んでもらっている方に向けてお願いします。
まずはやってみる。
やらないと何も始まらない。

一人でお酒を飲んだり、ぼーっとテレビを見たり、集中できない残業をするより、トレーニングを始めてみてください。
実は時間は意外とあるもので、トレーニングにはいろんな力がある。

究極の趣味は自分を磨くこと。
健康や、理想の体、新しいことにチャレンジできる活力を手に入れることができる。

新しい自分を手にいれるためには、決して高い投資ではないと思います。

あなたも新しいことにチャレンジしてみませんか?
きっと素晴らしいライフスタイルが待っていますよ。